Astrotec OSTRY SIMGOT TCG 日本正規代理店

EN700BASS

EN700BASS

EN700BASS

[img src=http://ic-connect.net/wp-content/flagallery/en700bass/thumbs/thumbs_4573138634028-02.jpg]5690
[img src=http://ic-connect.net/wp-content/flagallery/en700bass/thumbs/thumbs_4573138634028-03.jpg]4930
[img src=http://ic-connect.net/wp-content/flagallery/en700bass/thumbs/thumbs_4573138634028-04.jpg]4450
[img src=http://ic-connect.net/wp-content/flagallery/en700bass/thumbs/thumbs_4573138634028-05.jpg]4040
[img src=http://ic-connect.net/wp-content/flagallery/en700bass/thumbs/thumbs_4573138634028-06.jpg]3770
[img src=http://ic-connect.net/wp-content/flagallery/en700bass/thumbs/thumbs_4573138634035-02.jpg]3880
[img src=http://ic-connect.net/wp-content/flagallery/en700bass/thumbs/thumbs_4573138634035-03.jpg]3760
[img src=http://ic-connect.net/wp-content/flagallery/en700bass/thumbs/thumbs_4573138634035-04.jpg]3610
[img src=http://ic-connect.net/wp-content/flagallery/en700bass/thumbs/thumbs_4573138634035-05.jpg]3420
[img src=http://ic-connect.net/wp-content/flagallery/en700bass/thumbs/thumbs_4573138634035-06.jpg]3240
[img src=http://ic-connect.net/wp-content/flagallery/en700bass/thumbs/thumbs_4573138634042-02.jpg]3220
[img src=http://ic-connect.net/wp-content/flagallery/en700bass/thumbs/thumbs_4573138634042-03.jpg]2990
[img src=http://ic-connect.net/wp-content/flagallery/en700bass/thumbs/thumbs_4573138634042-04.jpg]3000
[img src=http://ic-connect.net/wp-content/flagallery/en700bass/thumbs/thumbs_4573138634042-05.jpg]2800
[img src=http://ic-connect.net/wp-content/flagallery/en700bass/thumbs/thumbs_4573138634042-06.jpg]2790
[img src=http://ic-connect.net/wp-content/flagallery/en700bass/thumbs/thumbs_4573138634059-02.jpg]1450
[img src=http://ic-connect.net/wp-content/flagallery/en700bass/thumbs/thumbs_4573138634059-03.jpg]1320
[img src=http://ic-connect.net/wp-content/flagallery/en700bass/thumbs/thumbs_4573138634059-04.jpg]1220
[img src=http://ic-connect.net/wp-content/flagallery/en700bass/thumbs/thumbs_4573138634059-05.jpg]1140
[img src=http://ic-connect.net/wp-content/flagallery/en700bass/thumbs/thumbs_4573138634059-06.jpg]1110

これはただの低音強調モデル?いいえ違います。

常に先進的なテクノロジー・デザイン・サウンドを追い求めるSIMGOTは、単なる低音強調モデルを発売しません。EN700BASSはEN700をベースに、さらなる改良を加えた全く新しい製品です。

具体的には、ハウジングの設計、ドライバー振動膜、ケーブル素材、その全てが新しいものになっています。

装着感を向上させた新ハウジング

EN700BASSの新しいハウジングは、より優れた装着感と快適性を実現するために、膨大な耳型データを使用し、多くの人にマッチするベストな形状を採用しました。そのため耳の小さな女性にもフィット可能です。

結果的にEN700のハウジングよりも薄い設計となっていますが、製造方法はEN700の優れた手法と変わっていません。高精細なアルミの削り出し技術により、本体のパーツを最小限に抑え軽量かつ剛性を持たせています。

チタン複合振動膜を採用した新ドライバー

EN700よりも優れたサウンドを実現するため、EN700BASSはドライバーも一新。新たに高分子チタン複合振動膜とN50 ネオジム磁石を使うことで、解像度の高さと透明感を維持しつつ張りのある低域を実現しています。

これによってEN700では15〜25,000Hzだった再生周波数帯域も、EN700BASSではハイレゾ対応の15〜40,000Hzへと向上し、より微細なサウンドの表現が可能になりました。

8芯無酸素銅線ケーブルで音にさらなる厚み

SIMGOTのEN700BASSへの妥協なきこだわりは、ケーブルの素材とデザインにも及びます。

EN700BASSでは新たに伝導性の高い無酸素銅線を採用。サウンドにさらなる厚みを持たせています。断線を防ぐために、ケーブルには400デニールもあるデュポン社のケプラー繊維を編み込み強度と、しなやかさを実現しています。

さらに本体カラーによってケーブルのカラーを変え、高いデザイン性も備えました。(レッドのケーブルカラーは赤みがかった銅色。ブラックとグレーのケーブルカラーは深いブラウンになっています。)
SIMGOTのEN700BASSへの妥協なきこだわりは、ケーブルの素材とデザインにも及びます。

EN700BASS 変更点まとめ

  • 薄く高剛性、快適な新ハウジング
  • ハイレゾ再生可能な新ドライバー
  • デザイン性と伝導性の高い銅ケーブル

ジャンルを選ばない整ったサウンドバランス

EN700BASSは澄み切った高解像で厚みのあるサウンドを持っています。全体としてはクリアでありながら、歯擦音(サ行やタ行の刺さり)はほとんど感じられず、聴き疲れの少ない心地よい音です。

低域はアタックを感じながらも輪郭はハッキリしており、不自然に強調されているような部分は全くありません。

音の重心はほんの少し低くなっていますが、ほとんどフラットと言って良いサウンドバランスとなっていますので音楽のジャンルを選びません。

Q.「EN700BASSは低音強調モデルですか?」

A.いいえ。EN700BASSは一般的に想像されるヘビーな低音ファンのためのイヤホンではありません。

ただ中高域の凛とした美しさが印象的なEN700と比較すると、中低域にフォーカスしたサウンドだと言うことができます。

Q.「EN700BASSは開放型イヤホンですか?」

A.いいえ。EN700BASSの特徴的なデザインは、一見すると開放型のように見えますが密閉型イヤホンです。

ハウジングの内側に1箇所ベント(空気孔)が設けてあります。ちなみに、ハウジングにプラスチックを使用していないため、実際の質感もとても高くなっております。

Q.「SIMGOTとはどんなメーカーですか?」

A.OSTRYというメーカーはご存知でしょうか?非常にコストパフォーマンスの高いイヤホンを生み出しているメーカーです。

SIMGOTはOSTRYで「KC06」や「KC06A」といった、今も市場で高い評価を持つイヤホンの開発に携わった人物が立ち上げたブランドです。

それゆえ、まだ始まったばかりのブランドでありながら高いクオリティーのプロダクトを製作可能なのです。

SIMGOTが語るEN700BASSの全て

スピーカー構成と特徴は?

EN700Bassの振動膜は特殊な素材と技術の融合体です。縁の部分は高分子PU材料を採用し、中心部分はチタントップコーティング技術を採用しています。適度の厚みを持つ高分子PU素材の採用によって、低域に弾力を持たせ振動膜のスムーズな沈み込みと戻りが実現可能となりました。

チタントップコーティング技術の採用によって、トップの重さを軽減し、硬度が増したことで中高域が明るくなり、EN700と比較しても、伸びが良く透明度の高い中高域を実現することができました。低中高すべての音域を限界まで追求し、パーフェクトを目指す設計者の思いを実現できるように、素材と技術にこだわって制作されました。

開発秘話

EN700BASSの開発は、EN700に対するユーザーからの意見を一つ一つ精査することから始まりました。最終的にコンセプトに影響する部分以外は、ほぼ取り入れた状態で改善する事ができたのではないかと考えています。

一番品質を向上させたのが、筐体の加工方法です。最終的にはアルミ合金を5軸CNC加工機での本体製造。本体は高級感のある梨地仕上げを採用致しました。この製造方法で、筐体は軽さ、精度、耐久性が秀でた物に仕上がりました。

EN700BASSの筐体1一つを製作するには5軸CNC加工機1台が2時間をかけて完成ほどの難度の高い削りだしをしております。一般的にこのレベルの加工を必要とするイヤホンは、通常5万円以上のイヤホンになることが多いほどコスト高になります。

また、こだわったのは加工方法だけではありません。装着感についてもユーザー意見を分析し、多くの耳型を参考に形状を細かく修正し、耳への収まりが大幅に改善され、快適な付け心地を実現しました。

音についても、ドライバの振動膜・磁気回路・ユニットフレームなどをすべて刷新し、音のチューニングは、EN700の音の良さを残しつつ、低域には音の弾みと、パワフルさ、低域の沈み込み具合のアップを実現しました。

今回、ケーブルは8本編み込みの無酸素銅線を使用し、より音の伝達ロスを軽減させており、ケーブルの強度にも配慮し、デュポン社のケプラー繊維を利用して断線率を下げております。耳元は形状記憶ソフトチューブを採用し、快適な装着を実現いたしました。

サウンドの特徴とおすすめの音楽

EN700BASSの目指すサウンドは、バランスのとれた温かみのある明るいサウンドです。チューニングは聞きやすさと解像度のバランスを重視した上で仕上げた為、高域の刺さりを控えめに、力強くかつ心地よい良い低域もしっかり鳴らせるように仕上げました。

ある意味、オールラウンドな活躍ができるイヤホンに仕上げました。特にJAZZ、ROCK、POPS、Acoustic Soundといったジャンルが得意です。もう一つの特徴はイヤピースによる調音がしやすく制作しております。

自分の好みによって機能の異なるイヤピースに交換することで驚くほど音が変化します。ぜひお気に入りのイヤーピースへの変更して音の変化を楽しんでください!日本のオーディオファンの皆様にEN700BASSのサウンドを気に入って頂けることを願っています!

EN700BASSレビュー

EN700BASSのレビューを掲載頂いているサイト様を紹介します。
(敬称略)

まっすーP
https://note.mu/massu_p/n/n39d20f6d823c

なーのはらわたもどき
http://catsmannna.hateblo.jp/entry/2017/04/08/215402

こうすけのポタblog
http://kousuke-audio.blog.jp/archives/15834096.html

みんなの!ぽたおでお記
http://wktk-murasa.blog.jp/archives/1065313702.html
http://wktk-murasa.blog.jp/archives/1065496714.html

プラチナガジェット
https://platinum-gadgets.net/2017/04/07/sigmot-en700bass/

真鍮天国
http://blog.livedoor.jp/fi_ba_sb/archives/15747328.html

NanaMino
http://lineblog.me/nanamino_e_mono/archives/332707.html

ことぶきのgdgdブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/rapid_kotobuki/55920840.html

レビューはたぶんしない。
http://noukann.at.webry.info/201704/article_1.html

正規品の購入はこちらから

株式会社IC-CONNECTはSIMGOT社と日本正規代理店契約を締結しており、SIMGOTブランド全ての商品を日本で販売する権利を得ております。
正規品は下記のボタンより購入可能です。(Amazonへ移動します。)

EN700BASS
ドライバー 10mmダイナミック
感度 101db/mW
インピーダンス 16Ω
再生周波数帯域 15 - 40,000Hz
コード長  1.2m
プラグ ステレオミニプラグ(Ф3.5mm)
 カラー レッド、ブラック、グレー、ブルー
イヤホンタイプ カナル
発売日 2017年3月17日 2017年5月5日(ブルー)


ブルーはイヤーチップが青色になっています。

お取扱い及び試聴可能店

店名 試聴 お取扱い
Amazon
e☆イヤホン
試聴可能店舗:全店
ヨドバシカメラ
試聴可能店舗:
新宿西口本店/マルチメディア新宿東口/マルチメディアAkiba/マルチメディア梅田/マルチメディア博多
サウンドハウス
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

最新情報はTwitterで公開中


PAGETOP