Astrotec COLORFLY OSTRY SOUNDAWARE 日本正規代理店

GX70

GX70

GXシリーズの最新作

GX70は、ナンバリングは70へとアップしていますが、単純にGX50の上位モデルではありません。ハウジングにクリスタルをあしらった特徴的な外観を見る限り過去のGXシリーズと遜色はないように感じますが、GXシリーズの初代GX50から約3年半の歳月をかけて、各所を細部まで見直しをかけブラッシュアップしたモデルです。新しいGXシリーズと言っても遜色のない仕上がりになっております。

地味過ぎず、派手過ぎずを目指したサウンド

GX70は、決して衝撃的なインパクトのある音ではありません。一聴して分かるような高域の派手さもなく、鼓膜に響く激しい低域の重厚さという事もないかと思いますが、高域から低域までそれぞれの良さや役割を損なわない、音の定位と音場感に価格以上のサウンドを感じていただけるような、じっくり長く使って頂けるようしっかりとした音作りになっております。もちろんハイレゾにも対応しており、解像度の高いハイレゾ音源の良さを十分に生かすことができます。

人間工学に基づいたハウジング設計

一見すると以前のモデルと特に変化がないように感じますが、本体のサイズは一回り小さくなり、装着感を向上させています。ノズルの角度を見直し、音がよりダイレクトに鼓膜へ届くように改善しました。また、本体の形状は数多くの異なる人の耳型データを参考に、ベストな形状を割り出しました。このように、以前のハウジングの問題点を解消し1から再設計されたものとなり、装着時のストレスを軽減させました。

MMCX端子を採用しリケーブルが可能

GX50でも採用されていた、MMCX端子によるケーブルの脱着機構はGX70でも採用されております。また高精度なMMCX端子を採用することで、ケーブル装着時のぐらつきを減少させました。

4芯5N銀メッキOFC線

入門用ながら、外観・音質・使いやすさの3つをコンセプトに設計された、AstortecのAT-C01を採用し、中高域の伸びと、音場の広がりを持たせました。外観もシルバーの煌びやかさがあり、GXシリーズのクリスタルのハウジングとマッチし価格以上のプレミアム感を出しております。プラグ部分はL型を採用し、プラグ部分の断線にも配慮した設計となっております。

 

GX70
ドライバー 10㎜ダイナミックドライバー
感度 110db/mW
インピーダンス 16Ω
再生周波数帯域 5 - 40,000Hz
コード長  1.2m MMCX着脱式 4芯5N銀メッキOFC(無酸素銅)線
プラグ L型ステレオミニプラグ(Ф3.5mm)
 カラー クリアブラック
イヤホンタイプ カナル
発売日 2018年12月7日

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

最新情報はTwitterで公開中


  • twitter
PAGETOP